レンタルドレスの補償金制度について|ネットで簡単にレンタル出来る低価格でブランドドレス・レンタルドレス店をご紹介しています。

レンタルドレスの補償金制度について

Q:レンタルドレスの補償料について
ドレスをレンタルすることにしましたが、契約書に『通常の利用による小さな汚れやシミは対応しますが、万が一落ちにくいシミや汚れ、破損が生じた場合クリーニング費用・修理費等実費を戴きます』とあります。
補償料制度がありますが、補償料(保険?)15000円払っておいた方がいいでしょうか?先輩方はどうされましたか?ドレスショップによって補償内容も、補償制度自体の有無も異なるようですし...。ドレスショップで補償内容を細かく確認の上、内容によっては安心料として支払うか決めようと思います。
A:余程の汚れや傷が無ければ補償金は発生しないです。
友達からは、この補償制度の話を聞いていたので、必ずかかるものだと思っていましたが、私が借りたドレスショップには、補償金の支払い制度はありませんでした。だけど、もし、あったら安心料で支払っていたかも。
補償制度はなかったですが、、契約書には同じように『通常の利用による小さな汚れやシミは対応しますが、万が一落ちにくいシミや汚れ、破損が生じた場合クリーニング費用・修理費等実費を戴きます』といった内容が記載されていました。
この事について心配だったので、私の借りたレンタルドレスショップ担当者に聞いたのですが、「赤ワインを思いっきりこぼしたとか、よほどでない限りクリーニング費用をいただくことはないと思います」と言われました。
補償料を支払う前に、その程度や料金について詳しく聞いた方が良いと思います。ショップによって基準が違うと思いますし、その基準を聞いてから自分たちに必要か考えてもいいかも。二次会まで借りるとか長時間に渡る場合には、つけた方が無難でしょうが、挙式+披露宴で1会場内で動くくらいなら、着ている時間も意外と短いですし、当日介添えさんやヘアメイクさんがドレスについてもものすごく気を遣ってくれますので、まず大丈夫だろうと思いますが。。。
  
  

この記事と内容が近い記事を紹介しております

レンタル可能・地域のご紹介

|北海道|
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
|東京|神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
|愛知|岐阜|静岡|三重|
|大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
|福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|